過去のらくがき 2004/11


04/11/29

今日は半日姪の面倒を見ていた。自分はまだまだ若いと思っていたけれど、3才児と一緒に遊ぶには歳をとりすぎたようで、どう相手したらよいのか非常に困った。でも遊んでいる中で、「あぁそういえば自分の小さい頃はこんなことしてたなぁ」と思い出し、そのネタを振るとだいたいウケが良かった。ただ反応がないこともしばしばあり、そんな時はかなりブルーになった。悪気が無いのはわかってはいるけど、やっぱり寂しい。

先日sdkさんに薦められた映画「ターミナル」の予告を見たら、言われたとおりツボに来た。公開日の18日は渋谷に出る用事があるので、そのついでで見に行きたいな…。


04/11/28

博士の愛した数式」以来全く本を読んでいなかったので、ブックオフで面白そうな本を探してみた。最初は科学者の自伝みたいなものを探していたのだけれど、どうやら家の近所ではその方面を読んでいる人は少ないらしく、全く置いていなかった。…と思ったら、森博嗣の「工作少年の日々」が見つかった。800円だったので買っても良かったのだけど、そういえばミステリーも書いてたな〜とふと思い出して文庫の棚へ行ってみると、予想通り本が何冊か置いてあった。ハードカバーの本をあんまり増やしたくないのもあり、文庫で2冊ほど購入。「すべてがFになる」を途中まで読んでいる段階だけど、寸法をミリで答えて「ああ、機械科ですか」みたいなやりとりとか、理系じゃないとわからないネタが多いんじゃなかろうかと。自分は理系なんで問題ないですが。


04/11/25

ようやく壊れた液晶ディスプレイを修理に出すことができた。本来ならサービスセンターに電話すれば無料で回収に来るはずなのだけど、何度電話しても繋がらないので直接店に持っていった。無事に帰ってくればいいのだけど…。

前回の更新から2週間たったので、今日も献血。検査の時に細めの血管から採られたので、今日も両腕か?と思いきや片腕だった。また、「血小板いただける方少ないんですよ〜」と言われたけれど、そんなに少ないのかなぁ…。といろいろ気になったので調べてみた。

調べてみると、片腕と両腕の違い(というか数ある献血装置の違い)が詳しく載っているページを発見。両腕の機械の方が純度よく血小板を得られるらしい。だから両腕を勧められるのか…。また血小板を効率よく得るためには採血速度を一定に保つ必要があるらしい。どちらもある程度血管が太くないといけないので、結果として適合者が少なくなってしまうっぽい。なるほど。

あと、成分献血は全て2週間間隔だと思っていたけれど、血小板のみ(血漿なし)の献血だと1週間間隔で出来ると言うことを今日初めて知った。まぁ血小板だけ採ることはまず無いので事実上2週間間隔ですが。そろそろ献血回数リミッターに引っかかりそうなのが今一番の気がかり(ぉ


04/11/11

今日も献血。順番待ちのとき、サラリーマンが3人くらい並んでいたので、仕事は?と思っていたらヘモネの営業さんだった。自分の会社の機械の調子を身をもって確認しに来たんだろうか…。ちなみに今日の採血装置はバクスターの両腕タイプ。本が読めないので仕方なくテレビで韓国ドラマを見た。ヒロインがポケベル持ってるのが今となっては新鮮だった。献血後ふたたび2週間後の予約。と同時に「元旦はどうですか?」と言われたけれどそっちは保留。元旦くらいは家に引きこもりたい…。

早めに帰宅し歯医者へ。今日はいよいよ抜歯…のはずが、先生に「今日は顔色悪くない?」と聞かれ「そーですか?献血したせいですかね〜」と正直に答えてしまったために中止。歯を抜いてから3日間は血を抜けないのは知っているけど、血を抜いてから3日間は歯を抜けないものなのだろうか?


04/11/04

TSUTAYAの前を通ったら、このへんの映画がレンタル開始らしい(宮崎アニメはまだ公開すらしていないけど)。映画といえば今月はTAMA CINEMA FORUMがある。毎年「いいな〜」と思いつつ一度も行ったことがない。まとめて見られればオトクなんだろうけれど見たい映画が散らばってるのが何とも…。


04/11/02

十数年ぶりに抜歯。子供の頃の乳歯を抜くのと違い、永久歯は根がしっかりとしているので抜くのが大変。つーか痛い!あとでもう一本抜かなきゃいけないのだけど、そっちは乳歯らしい。なんで乳歯がまだ残ってるんだ?

新宿南口ちかくのKioskがPioskになっていた。あのピンク色の店に背広姿のサラリーマンがたむろしているのは相当違和感があるんですが。

実験で使うレーザーは怖くて電源が入れられない。出力3Wですよ3W。普通売ってるレーザーポインタが3〜5mWだから、ざっと1000倍。しかも近赤外だから目に見えない。でも使わないと実験にならないもんなー。どーしたもんかなー。


トップページにもどる