過去のらくがき 2008/04


08/04/29

会社で、先日買った針の要らないステープラの実演をやったら、思いのほか好評だった。まぁ興味を持ってくれたのは機械屋さんだけですが。

仕事のあと、同期の送別会があった。そのために昨日は夜中の2時までラッピングをやっていたので、仕事中は寝不足・体調不良で散々だった。仕事中は鼻をかんでいた記憶しかない…。まぁでもその甲斐あって喜んでもらえたようなので、やって良かったと思う。

宴 もたけなわの頃、社内で一番付き合いの長かった人ということで挨拶をするようご指名を受けた。突然ということもあり、思っていることの1/10も言葉にす ることができなかった。けれど、とにかく違う道を選んだ同期を応援するとともに、残る自分は負けないようにますます頑張らなければ、という決意ができた。話を聞いてからこの一ヶ月くらい、もやもやしていた気持ちの整理がようやくできた気がする。

同 期の挨拶の中で、「今の仕事は目の前にいない多くの誰かを救うカッコイイ仕事だと思って選んだ。でも今後は自分は目の前にいる人たちを幸せにする道を選び たい」みたいなことを言っていた。恐らく自分の中でも似たような部分があるために、前者は仕事で、後者はボーイスカウトでその気分を満たしているのだと思 う。とはいえ、今やっている仕事は本当に他の人の幸せに繋がっているのか、とか、自分みたいな人間がボーイスカウトの指導者をやっていて本当に子供たちのためになっているのだろうか、と悩むことも多い。人生は壁が多いなー。


08/04/28

最近、他人に何かをプレゼントするときには、自分でラッピングをするようになった(といってもまだ2件だけだけど)。たとえ中身はフツーでも、ラッピングをするだけで何となく包んだ人の気持ちが含まれているような気がして、もらう側としてはありがたみが20%くらいアップ!する気がするので。


08/04/20

昨日は今年の夏に実施するキャンプの下見へ行ってきた。せっかく(風は強かったけれど)天気が良い日になぜ男二人で…とぶーぶー言っていたら、追い討ちをかけるように雨まで降ってきた。とはいえ下見は無事終了。

下見行程の半分以上はしんいちさんに 運転してもらった。自分の車を他の人に運転してもらい、助手席でのんびり過ごすという経験は、MT車ということもあってなかなか無いので新鮮だった。 「MT車は久しぶり」という割には、上手く運転していたし、燃費コントロールにもハマッていたみたいだった。これでインサイト仲間が増える…わけないか。

下 見の後は小学校のクラス会にちょっと遅刻しつつ参加。しめて14人が参加。話を聞いてみると、小学校の同窓会というのはほとんど無いらしい(恩師も他では 誘われたことが無い、とおっしゃっていた)。おそらくは小学校→中学校とほとんどそのまま進学する人が多いためだろう。中学から外へ飛び出した自分として は、こうした機会があることが非常に有難い。

ク ラス会なので、当然のごとく昔話で盛り上がるのだけれど、少し前までは「こんなことがあった」という話題だけに留まっていたものが、今回は「当時自分はこ う考えていた」とか、「先生の目からはこう見えていた」といった方向へ話が深堀りされていったことが面白かった。また、普段は会社の人くらいしか付き合い が無いので、同じような考え方の人と話す機会が多いのだけれど、今回はバンドマン・警察官・学校の先生・ジャーナリスト・バス運転手・企業した人など、い ろいろな立場の人からいろいろな考え方を聞くことができ、自分の生き方・考え方を振り返るきっかけにもなった。

今日はボーイスカウトの隊集 会だった。今日はフライテントを作ってもらった。今のご時勢、ホームセンターなどで売っているタープテントのセットを使えばものの10分程度で優雅なひと 時を迎えることができる。しかし今回は(というか、うちの隊はいつも)竹・ロープ・シートなどを使って作ってもらったら、一つのフライを作るのに5人 ×3時間くらいかかった。時間がかかる原因としては、(1)ロープしばりやフライの建て方に関する技術力、(2)班の中で仕事を分け合って目 的を果たそうとする協調性、(3)班同士のライバル意識、(4)班長のシーダーシップ、などがそれぞれ不足していることが考えられた。

午後には、同じように竹とロープを使って、救急担架の作成を行った。すると今度は一度教えただけで自分たちで工夫しながらすいすい組み立てていた。 どうも作った後に人を乗せて歩き回るといったことだけでも、楽しく感じられるらしい。

ここ数年、「キャンプで最低限必要だから」という理由で、テントやフライの建て方などを「作業として」教えてしまっていたのではないかと思う。そ のため指導も技術論に傾きすぎ、子供たちの創造性を奪うような退屈な内容になってしまい、いつまでたっても向上しない、という悪循環に陥ってしまっていた のだと思う。これに対し救急担架の作成では、ゲーム性を取り入れることで、子供たちなりにいろいろ考えながら取り組んでいたように感じられた。今回の隊集 会では、フライを建てるという作業の中にも、多くの教育要素があり、リーダーはそれを意識して指導を行う必要があると改めて感じた一日だった。


08/04/18

バ ナジウムは糖尿病に良いらしい。へー。

この春は周りで結婚ブー ムが来ているようで、5月〜6月にかけて毎週のように結婚式やその二次会に呼ばれている。あまりにも多くて今日はついにブッキング発生。後から連絡は来た ほう は残念ながらお断りしなければならない。なんとか両方いけると良いのだけど…。まぁそれは良いのだけど、最近毎日のように「結婚しました」という題名のス パムが来るのがうっとうしい。間違えて本当のお誘いも迷惑メールとして弾かれてしまいそう。

このままだと自分のや りたい仕事がしばらくできそうに無いので、来週から朝早くから会社に言って、アングラでやりたい仕事をしようと計画中。朝早く起きるところからして難関だ けど…。


08/04/16

先輩の結婚を祝っ て、なぜかバーべキュー大会。花見をやろうとした時期と 違い、だいぶ暖かかったので助かった。焼きそばにビールを混ぜられたりと散々だったけれど、久々に会社から早く帰れたし、思ったよりも人数が集まり、楽しく過ごせた。手回しライト も大活躍!でも自分のバーベキューセットは活躍することなく終わってしまった。また次回があるさ。

職場の先輩・後輩に山好きがいるので、少し長い休みのときに赤薙山〜女峰山(〜男体山)に挑戦したいと思う。体力があるうちに…。


08/04/15

久々に印刷しようと思ったらインク切れだった。詰め替えインクを買って正解だったとつくづく思う。

今日は朝から一人出張。行きがけに、タイミングよく満開だった桃の花を堪能。山梨に来て3年くらい経つけど、車の運転はいつも夜行性なので、今まで見る機会が無く、初めてちゃんと見たような気がする。また、都留のあたりではちょうど桜が満開だった。天気もよく、まさにドライブ日和。これで仕事じゃなきゃ最高なんだけどな。

周りの人々が怒涛のように結婚している今日この頃。一番驚いたのは、職場の先輩が出会って約2ヶ月でスピード結婚したこと。他人事とはいえ、スピード離婚しないか心配だ…。


08/04/14

しまった。100円返さなきゃ。

昨日買ったライトを早速試してみた。仕事帰り、会 社の玄関を出てから駐輪場へ行く間、ギュインギュインいいながらハンドルを回してみた。思っていたよりも周りに音が響いていたので、人前でやるにはちょっ と難あり。その後、1灯モードで寮まで戻ってみた。思ったよりも(自作LED3灯よりも)明るかったけれど、寮に着く前に暗くなってきてしまった。結論と してはぎりぎり実用というところ。1,680円という値段からしても、あまり人にはお勧めできる代物ではない。

WillcomからUMPC端末が 発売になるらしい。スペックを見ると、サイズ以外は今使っているX40に近い。ただ電話機としての実用性は???。一応子機も発売になるみたいだけど、当 然子機だけでは使えないわけで。まだesの 方が現実的かな。とはいえPCも電話も壊れる気配が無いので、しばらくはこのままかな。

先 日自転車のタイヤを交換したので、そろそろ自動車の方も頃合かなーと思い、タイヤの製造年月を調べてみたら、00年製造(8年前)のタイヤということが分 かった。どうも新車時から付いているタイヤっぽい。走行距離も、もうすぐ5万キロ(ただしスタッドレス時込み)になるけれど、意外と持つものなのね。


08/04/13

一週間ほど前に、親へPCからメールを送っていたのだけど、全く返事がなかった。おかしいな〜と思い、実家に帰って尋ねてみたら、見事 に迷惑メール扱いされ、跡形もなく削除されていた。ヒドイ。

以前改造した自転車のライトが 壊れて久しいので、ちゃんとしたものを買おうと思いホームセンターへ。ダイナモ+LEDとか、ハロゲン球のタイプとかいろいろあった中で、手回しライトが目 に付いたので買ってしまった。買ってから、その昔「ホタル」とかいう懐中電灯を買って失敗したことを思い出した。パッケージには1分充電で90分点滅とか 書いてあるけれど、どう見ても1分充電で2〜3分しか実用光量を保っていない。毎日会社から寮へ帰る前に3分位充電する必要がある。真夜中にギュインギュ インいいながらハンドルを回していたら、傍から見たら相当怪しい人に見えるだろうな…。

ライトと同時に針 なしステープラも買ってみた。これも半分はネタとして買ったので実用性はこれから使っていかないとわからないけれど、試しにやってみ たところ、ワンタッチで打ち抜き→曲げ→差込までやっていて面白い。しばらく会社で使ってみよう。ただ手持ち資料程度ならともかく、領収書の提出などに使 うは不安が残る。

越 谷レイクタウンのまちびらきに行ってきた。寒かったせいか、あるいはまだ何もない(湖と呼ぶには狭い(手賀沼よりも狭い)貯水池と、新しくできた 駅、マンションしかない)せいか、あまり人出は無かった。秋にイオンが出来れば人も増えるだろうけれど、浦和美園のもあるし…。あ と、見 田方遺跡公園が大幅に規模縮小され、ただの芝生になっていたのに一抹の寂しさを覚えた。全体として、好意的な目で見られないのは、あ まりに人工的な自然に対する拒絶感があるのかも。


08/04/11

夜の12時に流れるラジオ体操を聞くと、もう一直くらい働けと言われているようで…。

広告批評」が休刊になるとのこと。大学生のとき、後輩のK君が年に一度の「世界のコマーシャル」特集号を持っていて、面白そうな雑誌だなーと思ったけれど、本屋で売っているのをついにただ一度も見ることが無かった。K君はどこで買ってきていたんだろう?

ところで、休刊と廃刊は何が違うのだろう、と思って調べてみたけれど分からなかった。その過程で雑誌の裏にある「第三種郵便物」の文字が気になったのでこれまた調べてみたら、どうやら定期刊行物を安価に郵送できる制度のことらしい。ちなみに「広告が全体の印刷部分の50%を超える」と該当しない。トラ技なんか明らかに50%超えているように見えるけれど…。あと、学術刊行物などは「第四種郵便物」として別に区分されている。日本郵便のページに指定学術刊行物の一覧があって、色々な学会の名前がずらずら並んでいて面白い…と思うのは自分だけ?


08/04/09

年度が変わり、有給休暇が数日分失効しているのに今日気が付いた。モッタイナイ。


08/04/08

会社で同僚に、以前購入したSAS検査キットについて 尋ねられた。仕事中眠いから調べたい、とのことだったのだけれど、あまりお勧めしなかった。「自分が眠いのはSASのせいだ!」と思っている人は、検査後 に送られてくる「あなたは異常ありません」の一言に絶望するでしょう…。それならば、他の原因を相談できるだけ医療機関に通ったほうが良いと思う。


08/04/07

月曜日の朝はいつも憂鬱。なぜなら一週間のうちで一番睡眠時間が短いから。昨日は特に、血を抜いた上に休みの日にしては珍しく朝から晩まで外に出ていたので疲れた…。


08/04/06

まずは朝イチで献血106回目。朝電話したら「予約は一杯です」と言われたのであわてて出かけたら、天気がよくお花見日和なせいなの か、思ったより人が少な 目だった(というか行ったら2人目だった)。検査採血後の問診で「疲れ気味ですか?」と突然尋ねられた。血算だけでそんなことまでわかってしまうのか〜と ちょっと驚いた。正直いつも献血の問診は適当なのではないかと疑っていたのだけれど、ちゃんと見てくれているようなので安心した。

献 血 のあと、BSの保護者の方々にお花見に誘われたので、自転車でお出かけ。ガソリン代が安くなったとはいえ、やっぱり自動車の短距離運転はムダが多いのと、 少し運動不足なので、地元に戻ったときは自転車に乗るようにしている。天気もよく、さぁ目的地だ!と油断した瞬間、後輪がミゾにはまりパンク。先週も前輪 がパンクして修理したばかりなのに…。お花見自体ただでさえ短時間しかいられなかった上に、パンク修理に夢中になっていたので、誘ってくださった皆様には申し訳ないことをしたと、反省。

午後からは花見で合流したしんいちさんと共にBSの地区再編に伴う解散総会と、その後の懇親会に参加。

途中ゲームで、特等を当ててしまった。先 日の図書券といい無 駄に運がいいので後が怖い…。

そ の後は帰るつもりだったけれど、他団の飲み会に誘われたので参加。昼のお花見(バーベキュー)から食べ通しなのでお腹が一杯だったのと、車を運転する都合 でお酒が飲めなかったのが少し残念だったけれど、普段とは違うメンバーで語り合うのは非常に勉強になった。また、皆がBSの現在や将来について真剣に考え ていること、また人それぞれが自分の立場だけでなく、周りを見て物事を考えることの大切さを教わった。最近「坂の上の雲」を読みはじめたのでその影響かも しれないけれど、自分や社会の将来について熱く語り合える場はなかなか多くはないので、こうした機会があるのは有難いことだと思う。

飲み会 から帰った後、夜は実家のPCのプリンタ設定に苦戦。仕事の都合でドットインパクトプリンタを使う必要があるのに、新しく買ったPCにはパラレルポートが 存在しない。USB-プリンタ変換ケーブルを使って接続するつもりだったけれど、いろいろ設定してみてもどうしても途中でエラーがでてしまった。仕方がな いので最終手段としてパラレル増設ボードを購入することにした。これで動かなかったらもうお手上げ。


08/04/05

サラリーマンNEOの第3期が明日から開始。ただ放映時間が変更になったのがちょっと気になる。平日夜か、せめて土曜夜だと生で見て楽しめるのに…。とりあえず録画予約。

ソ ニーのデジタルフォトフレームが、ちょっといい感じ。とはいえ自分は最近全くといっていいほど写真を撮らなくなった(昔からそんなに 多く取っていたわけれはないけれど)。理由はカメラ撮影に熱中すると、第3者的な視点になりがちで、後から振り返るとその場に自分がいたという意識が希薄 になるから。ただ製品としては非常に興味があるので、親へのプレゼントにいいかも、と思案中。

会社の同僚の子供 (生後半年)を見に行こう、ということで他の同僚4人とお宅訪問。あまりに大人数で押しかけたせいか、何気ない拍子にちょっと驚いては泣いていた。周りの 同僚やお父さんがどんなにあやしても泣き止まないのに、最終的にお母さんに抱っこされるとすぐに泣き止むのを見ると、さすがだなーと思う。先日、高校の同 級生の家に遊びに行ったときも、やはり子供はお母さんのそばが一番安心するようだった。一緒にいる時間が違うといえばそれまでだけど、世の中のお父さんた ちは相当苦労しないと子供になついてもらえないんだろうなーと痛感した。

天気がいいので久しぶりに寮の周りを散歩 していたら、遠くに桜の木が見えた(田舎なので遠くまで見通せる)ので、近くまで寄ってみた。よくよく歩き回ってみると、道端や民家の軒先に思っていたよ りも桜の木が沢山あることに気が付いた。雑誌などで「○○の桜はすごい」と言われるところにも行ってみたいけれど、こうして道端に咲いている桜を巡るのも 楽しいと思う。


08/04/03

突然、CQ出版社か ら得体の知れない封筒が届いた。何事かと思って開けてみたら、なんと図書カードが入っていた。珍しく雑誌のプレゼントに当たったらしい。結構こういう技術系雑誌だと応募する人が少なく、当選しやすいのかも。


08/04/02

今年の桜は去年、一昨年よりも見ごたえがあるように感じる。なのに今年の職場の花見は「寒い」という上司の一言で屋内になってしまった。まぁ寒いのは確かだけど、例年よりは暖かいし、何より去年買ったバーベキューセットが無駄になってしまうのが悲しい…。


08/04/01

エイプリルフールと分かっていても、騙されてしまう自分が悲しい…。

会社でTV会議をする機会があった。やってみると、資料さえ共有化できれば、人をカメラで写すことに何の意味もないことが良く分かった。電話でもいいじゃん…。


トップページにもどる